再生不可能なものが再生可能に

細胞

医療は、近年急激に進歩しました。今まで治療することが難しかった病気も比較的簡単に治療ができるようになってきています。ただ、それでも完全な治療が難しいと考えられていることもあるでしょう。例えば、認知度をなどがこれに該当します。これにより、多くの人が迷惑をこうむることになると考えれば、本人もその周りの人も病気が発生したことは損失と言わざるをえません。そこで、最近が新たな治療方法を開発し今まで難しいといわれていた認知症や難病などを治療するようにしています。この方法を幹細胞治療と呼びます。自分の体の細胞の中に、新たな細胞を作り出す幹細胞と呼ばれるものがあります。これを利用して、今まで病気になっていた細胞を復活させようとするわけです。この方法は多くの人に驚きを与え、注目されることになりました。

100万円以上はかかる

幹細胞治療がどれぐらいの金額になるかは、自分の周りで手術をしたい人以外あるいは医者以外はなかなかわかるものではありません。ですが最近は、ホームページなどが盛んに更新されており、幹細胞治療を積極的に行っている美容クリニックではその金額を紹介していることがあります。クリニックによって金額は異なるものの、おおむね130万円以上になることが基本です。つまり、美容整形などとは少し異なり、最初からハードルが高いことになります。この点に関して、ここに保険がきくのでもう少し安くなるに違いないと考える人もいます。ですが、幹細胞治療に関しては自由診療になるため、100パーセント自己負担になるのが基本です。

十分なお金がない場合

人間は、お金を持っていることで様々な面白いことや気様々な経験をすることができます。困った時も、お金があれば何とか生きていくことは可能になります。幹細胞治療のお金に関して見ていくと、一般的には保険が全く適用されないのが特徴です。そうすると、治療したいけどもなかなか治療に踏み込むことができない人も多いでしょう。それだけのお金を払うぐらいならば、治療はせずに我慢しようと考えている人もできます。そこで、カードでローンを組む方法があります。これを利用するためには、審査がありますので審査に通らなければそもそも治療自体をあきらめざるをえません。審査が通る理由は明確にされていませんが、少なくとも今まで債務整理などの信用事故がなかったことが重要になります。仮に債務整理をしたとしても、7年以上経過していればそこまで神経質になる必要はないでしょう。収入は、借りるお金の1/3以上を得ていなければいけないところです。

広告募集中